嘉手納住宅 沖縄県中部の不動産投資・売買物件情報戸建て土地有効活用 » 不動産Q&A -売買-

不動産Q&A -売買-

【不動産Q&A -賃貸- 】はこちら

不動産会社が2社仲介すると仲介料が増えるの?
1つの物件をいろいろな業者が取り扱っているみたいだけど?
看板が出ている会社しか物件は取り扱えないの? | 仲介手数料はいくらかかるの?
物件価格の他に費用はいくらかかるの? | 頭金0円でも、住宅は買えるの? | 保証人はいるの?
住宅ローンはいくらまで借りられるの? | 重要事項説明書ってなに?
広告料はかかるの? | 抵当権が付いている物件は売却できますか? | 時間をかければ高く売れる?
有利な売却方法ってあるの?

不動産会社が2社仲介すると仲介料が増えるの?

結論からお話すると増えません。お支払いする仲介手数料は同じです。売主を仲介する不動産会社と買主を仲介する不動産会社が、それぞれ売主・買主から仲介手数料を受け取るので不動産会社が1社であろうが、2社であろうが支払う手数料は変わりません。

1社の方が仲介手数料が安くなるのではないかと思われる方もいますが、その場合は、売主・買主双方から仲介手数料を1社がもらいます。買主の立場で交渉してもらうことを考えると、不動産会社は2社の方が有利とも考えられます。

1つの物件をいろいろな業者が取り扱っているみたいだけど?

売主から売物件を依頼されたA不動産会社が物件Bを不動産流通機構に登録します(法律で義務付けられている)。それを確認したC不動産会社がA不動産会社に問合せをしてチラシを出したり自社HPに出したりしているのです。
同じ条件で、数社不動産会社を廻ってみると、半分ぐらいは、同じ物件を紹介されると思います。これは、不動産会社間で情報の共有を行っているからです。
「え?半分だけなの?では残りの半分は??」
はい。
残りの半分は、不動産会社や不動産営業マンの独自物件収集力、データベース化によって違いが出てきます。
希望条件を正確に不動産会社に伝えないと、思ったような物件が紹介されないこともあります。
私達はお客さまのご要望に最もあった物件をご案内できるよう、常に最新の物件データを元にお客さまのご意見を聞きながら物件探しのお手伝いをしています。
ですので、一般的な不動産会社に比べ、余計な物件に時間を費やすことがなく最短距離で理想の物件をご覧いただくことが可能になっているのです

看板が出ている会社しか物件は取り扱えないの?

いいえ、そうではありません。
上記の回答のように不動産会社で情報を共有していますので、特別な場合を除いて看板が設置されていない不動産会社でも紹介が可能です。

仲介手数料はいくらかかるの?

国土交通省の告示1552号により報酬額の限度額は、
200万円以下 ・・・・・ 5%
200万円を超え400万円までの部分について ・・・・・ 4%
400万円を超える部分について ・・・・・ 3%  です。
取引額が400万円を超える場合の簡易計算方法(取引額×3%+6万円)×1.05(消費税) となります。
例えば、1000万円の中古マンションの場合は
(1000万円×3%+6万円)×1.05で37.8万円の仲介手数料ということになります。

物件価格の他に費用はいくらかかるの?

物件価格の6%~8%を目安に考えて下さい。
住宅ローンの組み方や物件によって経費に変動があります。
借り入れされるお客様と物件によって異なるということになりますのでケースバイケースといったところでしょうか?
ちなみに諸経費には、印紙代・ローン事務手数料・融資保証料・火災保険・登録免許税・登記手数料・固定資産税精算金・仲介手数料・不動産取得税がございます。詳しくは当社にお尋ね下さい。

頭金0円でも、住宅は買えるの?

購入出来ます!
各金融機関によって条件は異なりますが、頭金0でも物件価格と諸経費を含めて住宅ローンを借り入れすることは出来ます。
諸条件がございますので、各金融機関にお尋ねになられるか 当社にお問い合わせ下さい。

保証人はいるの?

基本的には、金融機関の保証協会が保証してくれるので、保証人は不要です。
賃貸のように保証人で親、兄弟、親族に頭を下げる必要もありません。
しかし、未婚の方の場合、年齢によっては両親を保証人といったケースもあります。

住宅ローンはいくらまで借りられるの?

住宅ローンを借り入れする金融機関によって異なりますが、返済負担率というものが基本ベースにあります。
これは、年間の住宅ローンの「返済額÷年収」で計算されます。
年収によって負担率が異なりますので、各金融機関や不動産会社にお尋ね下さい。
これには、車のローンやその他のローンの支払い額も含まれますので気を付けて下さい。
例えば、夫婦2人が、共に車のローンを借り入れしていると住宅ローンの借り入れが、出来ない場合もございます。
この場合でも計画的に考えて住宅ローンを借り入れすることも場合によっては可能です。詳しくは、お問い合わせ下さい。

重要事項説明書ってなに?

買主に契約の前に説明しなければならない書類のことです。
この説明義務は法律で決められています。
登記簿の権利関係・法的規制・建築基準法を調査します。
その内容を書面で宅地建物取引主任者が説明することになっております。
当社では、内容によっては買主に契約を見合わせる様に提案することもございます。
金利負担のことを考えると今が買い時ともいえます。

広告料はかかるの?

無料です。弊社では広告料・査定料は一切かかりません。

抵当権が付いている物件は売却できますか?

売却可能です。ローン残債処理も丁寧にアドバイスいたします。

時間をかければ高く売れる?

売買に時間がかかると、売れ残りイメージが出ることがあります。一概には言えませんが、時間がかかると価格が下がる傾向にあります。

有利な売却方法ってあるの?

おまかせ下さい!お客様にとって、最良の方法をアドバイスいたします。