嘉手納住宅 沖縄県中部の不動産投資・売買物件情報戸建て土地有効活用 » 資産活用・不動産投資をお考えの方へ

資産活用・不動産投資をお考えの方へ

不動産投資ブームで毎年新築アパート・マンションが増え続けていますが、沖縄県においても賃貸物件の空き室率が10%を優に超え、供給過剰な状態になっています。

実際に銀行の支払いが滞って物件を手放してしまったというケースも少なくありません。
不動産投資は金融機関からの借り入れでレバレッジ(てこ)を利かせる事が出来る魅力的な投資ですが、長期間に渡って安定した収入を上げていくのは簡単なことではありません。

弊社では、投資分析土地有効活用相続対策/資産分析に関するコンサルティングを行っています。
不動産投資・土地有効活用をお考えの方の方は弊社コンサルタントへご相談下さい。

相談は無料です。

投資分析

不動産投資をする場合、表面利回りで判断する方が大半をしめますが、物件によっては、近隣に競合物件が増えて空室が増えた、老朽化で多額の修繕費がかかった等、購入後に収益が大幅に下がるケースも多いのが現状です。

不動産投資は長期間にわたる事業ですから、金利の上昇、税金、修繕費、保険、減価償却等を考慮し、しっかりとした分析をした上で投資を検討することが重要です。

弊社では、不動産専門のファイナンシャルプランナー・コンサルタントが収益物件の投資分析を行い、リスクヘッジをした上で、長期にわたって安定した収益を確保する為のコンサルティングを行います。

不動産投資をお考えの方は、弊社までご相談下さい。

相談は無料です。

お問い合わせはこちらから

土地有効活用

主さん、資産家の方の殆どは、相続対策にもなるし、家賃収入も入ってくるからアパートを建てた方がいい、と進められた事があると思います。

勿論、アパート経営は有効な相続税対策のひとつですが、賃貸物件は供給過剰な状態ですから、今後の金利の上昇等長期的なリスク、収益性を考慮するべきではないでしょうか。

万一売却するとなると、8%~10%程度の利回りがなければなかなか売れません。建築費まで考えると、更地のままのほうが高く売れた、というケースも多いのが現状です。

現在の不動産市場は明らかに二極化現象で、沖縄県の場合も、収益性の高い土地と低い土地に分かれてきています。土地ではなく資産を守る、維持し続けると考えれば、資産の組み換え、売却なども併せて検討し、しっかりとしたプランニングに基づいて行うべきです。

賃貸事業の成功の80%が企画で決まるといわれています。

弊社では、不動産専門のファイナンシャルプランナーが、長期にわたって安定した収益を生み出す賃貸事業のサポートをします。

土地有効活用をお考えの方は、弊社までご相談ください。

初回相談は無料です。

土地有効活用コンサルティング

初回無料相談 設計・コンサルテイィング契約
資産分析・相続診断  資産状況の把握・相続税の試算 実施設計、建築会社選定
市場調査 机上調査・実地調査 金融機関融資依頼
物件企画 基本設計・収支計画シュミレーション 建築請負契約
金融機関融資打診 建築着工 現場確認・月1~2回定例打合せ
※この段階で実際に賃貸事業計画を進めるかを検証し、採算が合わない場合は資産の組み換え、売却等の提案をします。 入居者募集 完成前に募集活動
完成引渡し

お問い合わせはこちらから

資産分析・相続対策

相続対策は分割、納税、資産圧縮の3つの対策を立てて初めて成り立ちます。
現時点で資産がどれくらいの評価なのか、相続税がどれくらいかかるのか、把握していますでしょうか?
実際に相続税が発生するのは、全体の5%程度といわれますので、自分には関係ないと思っている方も多いと思います。
ただし相続財産の殆どが不動産という方が多いため、相続人同士での共有や、安易に分けてしまった事であとでトラブルがおきたり、分割で揉めて申告期限を過ぎたために、税額軽減をうけられず相続税を納めることになるケースもあります。
仲が良かった家族が、相続によるトラブルで疎遠になってしまっては、元も子もありません。よく言われますが、「相続」が「争続」にならない様にするためにも、事前に対策をしておく事が大事です。
弊社では、不動産専門のファイナンシャルプランナーが、現状の資産分析(不動産・金融資産等の簡易評価、相続税額概算)をした上で、相続対策(分割、生前贈与、資産圧縮・移転、納税)に関するアドバイスを行います。
資産分析・相続対策をお考えの方は、弊社までご相談下さい。

初回相談は無料です。

お問い合わせはこちらから